東京都の保育士求人

東京都の保育施設の現状

東京都の取り組み

東京都では、待機児童解消に向けての取り組みに注力しています。保育園やこども園、幼稚園などの保育施設の数を増やすことで、増え続ける待機児童の数を着実に減少させることに成功しました。 具体的には、保育施設として認める基準を緩和したことが挙げられます。一人当たりの保育士が面倒をみる子供の数の上限を増やすことや、園庭がなくても保育施設として認めるなどの取り組みを続けています。確かに、このような取り組みをすることで待機児童の数を減らすという目標は達成しましたが、保育施設としての安全性などについての厳しい意見が寄せられているのも事実です。 東京都内にある保育園やこども園、幼稚園などの保育施設の数は、私立幼稚園や私立保育園なども合わせた場合には、膨大な数になります。その多くが保育士不足の問題に直面しており、喫緊の課題となっているのです。東京都では、厚生労働省や各自治体と連携を強化し、保育士の処遇改善に向けての動きを加速。補助金制度の活用や税制面の優遇措置などで各保育施設の運営をサポートしています。

東京都の保育士・幼稚園教諭の求人動向、求人倍率

東京都の保育士や幼稚園教諭の求人動向を見ると、いずれのエリアにおいても、人手不足の状況が顕著になっていることがわかります。とりわけ、深刻なのが、世田谷区や大田区、江戸川区などの人口が多いエリアです。こちらのエリアでは、やはり待機児童ゼロに向けての取り組みを盛んに行ったということもあり、保育施設の増加が目立つことになりました。自治体が運営する公立の幼稚園や保育園はもとより、宗教法人や学校法人が運営する保育施設も続々と登場しました。また、新たな動きとしては、大企業が中心になりますが、自らの企業内に保育施設を作り、運営をするというものです。自治体に頼ることなく、独自に保育士を確保するというものです。 保育士や幼稚園教諭のニーズが一段と高まっており、求人倍率は軒並み過去最高のレベルになっているのが、東京の現在の状況です。各保育施設の方針によっても異なりますが、多くの保育園や幼稚園が、保育士資格や幼稚園教諭の資格がなくても雇い入れるという傾向があります。また、正社員に限らず、派遣社員やパートでも積極的に雇い入れる保育施設も増加中です。

東京都で働く魅力はズバリ高収入!

東京といえば、その利便性の高さには定評があります。確かに、家賃をはじめとした物価の高さも際立っていますが、収入面でも他のエリアを圧倒的に上回っています。保育士や幼稚園教諭として勤務する人にとっても高収入という点は見逃せないポイントといえるでしょう。 具体的には東京都で勤務する保育士や幼稚園教諭の給与は年収ベースで概ね300万円~320万円程度となっており、他のエリアよりもかなり上回っています。加えて、厚生年金や健康保険、失業保険などの各種保険も充実しており、福利厚生面の充実ぶりも際立ちます。社員寮や社宅などの整備をはじめ、住宅手当の支給なども見られるなど、労働者にとっては極めて働きやすい環境が整います。このように住宅に関する手当などが支給されることで、遠方から移住して東京都で勤務するという人を支援することにつながっています。

東京都ってどんなところ?

東京都は日本の首都としての役割を担っています。政治や行政、文化などの面においても、他のエリアをリードしていく立場にあるといっても過言ではありません。 東京都では、保育士や幼稚園教諭などに対する給与や手当などの面でも、積極的に支援する取り組みを打ち出してきました。待機児童解消という目標を大々的に掲げることで、子育て世帯をサポートしているのです。同時に厚生労働省と連携するなどして、保育士や幼稚園教諭の処遇改善にも意欲的に努めています。保育現場の担い手の確保が何よりも急務だという視点に立っての取り組みです。 東京での経験を足掛かりにして、将来的には地方都市でも活躍してもらいたいという思いがあるのも事実です。保育士や幼稚園教諭として勤務するにも働きやすさは最高レベルといえるのではないでしょうか。

保育のお仕事 就職・転職フェアのお知らせ フェアのお知らせ フェアのお知らせ

あなたにおすすめの求人

読み込み中

保育士求人ナビへのお問い合わせはこちら03-6844-4327

転職成功のノウハウ