北海道の保育士求人

都市部と郊外で異なる北海道の保育士事情

北海道の取り組み

北海道の待機児童数は、札幌市や旭川市といった都市圏に特に多く、郊外ではゼロの地域も少なくないなど、地域によって大きな差があることが特徴です。したがって、市町村レベルでは待機児童問題に本格的に取り組んでいる自治体も見られますが、道全体で言えば、残念ながら待機児童問題の解消や保育士の処遇改善などに積極的に取り組んでいるとは言い難い状況にあります。とはいえ、全く活動を行っていないわけではありません。北海道でも保育士確保のためのキャンペーンや潜在保育士の再就職を支援するための研修の開催といった取り組みを行っています。このように、道全体での取り組みを見ると、新たに人材を育てるよりも潜在保育士の保育職への復帰に力を入れていると言えそうです。また、道内でも特に保育士の人材不足が深刻な札幌市などでは、保育士が出産後に保育職に復帰したい場合、保育所に優先的に入所できる制度が用意されています。

北海道の保育士・幼稚園教諭の募集求人をご覧の皆様へ

北海道では、同じ道内でも待機児童数に大きな違いがあるように、給与や待遇面でも都市部と郊外では大きな違いが見られます。札幌市や旭川市といったエリアでは、全国平均レベルの給与の求人も目立ちますが、郊外の幼稚園・保育所の待遇は、全体的にあまり良いとは言えません。しかし、潜在保育士の就業や保育士の産休後の職場復帰等には力を入れているため、すでに保育士資格を持っている人や子育て中の保育士には働きやすい環境と言えるでしょう。

保育のお仕事 就職・転職フェアのお知らせ フェアのお知らせ フェアのお知らせ

あなたにおすすめの求人

読み込み中

保育士求人ナビへのお問い合わせはこちら03-6844-4327

転職成功のノウハウ